外食ちゃんねる最新記事
他サイト新着記事
気になる記事

「合法的な」牛肉ユッケが焼肉屋で復活…カギを握る「納豆方式」とは?

Comments(0)|2013.06.21.Fri.09:02
このエントリーをはてなブックマークに追加 ユッケ 生肉

1: ふかみんφ ★[] 2013/06/20(木) 21:21:01.18 ID:???0
以前、ガジェット通信では日本食糧新聞社さんのブログ『食@新製品』から
“納豆方式”で焼肉店にユッケCome Back !
という記事をご寄稿いただいた。

2011年4月に生肉での集団食中毒事件が起こり死者も数人出て、それにより焼肉屋からユッケが姿を消して久しい。
ある店ではユッケに牛ではなく馬の肉を使うなどしていたが、ここ最近“個食パック方式”といういわば“納豆方式”で牛のユッケを提供するお店も増えて来たようだ。上記記事によれば

「個食パック方式」のユッケは、パックに入ったまま客席に提供され、お客さんが自分で調味液を混ぜる。
まさに納豆方式です。
生肉については加工処理、調理基準ともに、焼肉店にとっては高いハードルが設けられています。
全国に約2万店ある焼肉店のうち、保健所の許可を得られる加工、調理システムを有す店は極めて少なく、今後も個々の焼肉店が許可を得ることは難しいそう。

ということで、厳しい基準を満たした加工場でユッケ用の肉を作ってパックし、そのまま客に提供。客が自分で調味液を混ぜるという。

都内のとある焼き肉店でも6月よりその方式で提供を始めていた。

ユッケ肉の「個別パック」と、ユッケ用にタレと野菜、リンゴと生卵が入った皿が提供される。パックには
「ISO9001 ISO22000取得工場製造」
「厚生労働省の基準に適合した工場で加工しております。生ものですのでお早目にお召し上がりください」
の文字が。

そして、客自身がテーブルでパックを開けて混ぜなければならないという。お店の調理場で混ぜていただくのはNGなのか店長に話を聞いたところ、「パックのまま提供するように行政指導を受けている」とのこと。

自分で混ぜて食べてみると、味はこれまでと変わらないような気もするし、なんとなく以前の方が美味しかったような気もする。
気分的なものだろうか。値段も、以前に比べて若干割高になっていた。
店長によれば「パックの仕入れ価格の関係上、申し訳ないが値上げをさせてもらった」とのこと。

いずれにせよ、ユッケ好きには“合法的”に堂々と牛肉のユッケが食べられるようになってうれしいところである。
http://getnews.jp/archives/364555



6: 名無しさん@13周年[sage] 2013/06/20(木) 21:24:32.48 ID:CLLG3mCK0
そこまでして食いたいものなのか


『「合法的な」牛肉ユッケが焼肉屋で復活…カギを握る「納豆方式」とは?』の続きを読む
スポンサーサイト



O157検出が大幅減 レバ刺し禁止効果か

Comments(0)|2013.05.29.Wed.09:02
このエントリーをはてなブックマークに追加 豚レバ刺し

1: おばさんと呼ばれた日φ ★[sage] 2013/05/28(火) 18:20:44.43 ID:???0
食中毒の原因となる腸管出血性大腸菌O157の昨年の検出数は平成19年に比べて約6割の水準に減少したことが、国立感染症研究所のまとめで28日、分かった。焼き肉チェーン店での集団食中毒発生を受けた生食用牛肉の提供基準厳格化や牛レバ刺し禁止が影響したとみられる。

19~24年に保健所を通じて報告のあった腸管出血性大腸菌の感染者を調査。O157が検出された感染者は、19年は3432人。提供基準が厳格化された23年は2264人、牛レバ刺しが禁止された24年は1980人だった。

さらに感染者の中で、生肉や生レバーなどを食べた記録がある患者だけでみると、24年は19年の4分の1に減少した。

感染者の最も多い0~4歳でも、24年は19年に比べて半分以下まで減少。感染研の八幡裕一郎主任研究官は
「重い合併症を起こしやすい若年層の感染を減らすこともでき、規制の効果があったのではないか」と話している。

ソース
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130528/trd13052816460016-n1.htm


10: 名無しさん@13周年[sage] 2013/05/28(火) 18:26:27.79 ID:+/wlhEda0
どれだけ汚染されてんだよwww


『O157検出が大幅減 レバ刺し禁止効果か』の続きを読む

「焼肉酒家えびす」殺人ユッケ社長 金沢市でバイトしながら家賃9万円マンションで生活、妻子とは別れた

Comments(3)|2013.05.07.Tue.15:02
このエントリーをはてなブックマークに追加 ユッケ 生肉

1: そーきそばΦ ★[] 2013/05/07(火) 01:58:07.41 ID:???0
2011年春、焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」でユッケを食べた客から、死者5人を含む181人もの被害者が出た食中毒事件。当初、
「生食用として市場に流通している牛肉はありません!」などと逆ギレしていた勘坂康弘元社長(44才)だが、
死者が出ると「必ず償います」と土下座した。
 あれから2年が経つが、被害者に対する補償は今もまったく進んでいない。

 この事件で次男(享年14)を亡くし、自らも被害にあった富山県内の男性A氏(50才)が憤る。

「勘坂は事件から1か月後に一度謝りに来ただけで、補償は支払われていません」

 補償が進まないのはなぜか。同店を運営するフーズ・フォーラス社は、被害者への損害賠償額も含めて17億円にのぼる負債を抱える一方で、 手元に残っている資金はわずかしかない。そこで、昨年8月には、“殺人ユッケ”の仕入れ先である食肉卸業者・大和屋商店に
約3億1000万円の損害賠償を求める訴訟を起こしたが、この訴訟は異例なものだった。

※女性セブン2013年5月9・16日号
http://news.mynavi.jp/news/2013/05/06/015/index.html


2: そーきそばΦ ★[] 2013/05/07(火) 01:58:16.10 ID:???0
「フーズ社が被害者にも原告団に加わるよう求めたんです。裁判に勝てば、その賠償金は参加した被害者に分配されます。
でも、加害企業と手を組むことになるわけですから、被害者や遺族にとっては複雑です。そのうえ訴訟にかかる費用、 数十万円を負担しなければならないわけですから…」(A氏)

 結局、ほとんどの被害者がフーズ社の提案を拒否した。

 しかも、訴訟自体かなり難航しそうだ。倒産したフーズ社の清算手続きを行っている行政書士・大村安孝氏の話。

「大和屋商店は、警察の調べで食中毒の原因が断定されていないことを理由に、“食中毒の原因はそもそもユッケなのか”という事実関係から争う姿勢。
裁判が長引いているので、被害者側が仮に勝訴しても、補償金の分配はかなり先のことになりそうです」

 当の勘坂元社長はといえば、被害者への対応は清算人に任せきりで、金沢市内の家賃9万円の賃貸マンションで暮らしている。

「妻子とは別れ、知人の飲食店でアルバイトしながら生活しているようです」(地元紙記者)(終)



4: 名無しさん@13周年[] 2013/05/07(火) 02:02:00.38 ID:39byuMZr0
17億円…
2500年くらい地下行きか


『「焼肉酒家えびす」殺人ユッケ社長 金沢市でバイトしながら家賃9万円マンションで生活、妻子とは別れた』の続きを読む

生レバー規制でO157患者激減 子どもや若者で大幅減

Comments(1)|2013.03.23.Sat.09:02
このエントリーをはてなブックマークに追加 豚レバ刺し

1: 依頼@ベガスρ ★[] 2013/03/21(木) 23:07:38.54 ID:???0
"生レバー規制効果、患者激減 O157感染、4分の1に"

牛の生肉や生レバーを原因とする腸管出血性大腸菌O(オー)157について、厚生労働省が生レバーなどの提供を規制した前後で、感染した患者が4分の1に減っていたことが国立感染症研究所の調査で分かった。
発症が多かった子どもや若者で大幅に減っており、規制の効果が表れたとみられるという。

規制前の2007~10年と、生肉は表面を加熱後に切り取るよう求めた11年、生レバーの提供自体を禁止した12年を比較した。
診断した医師が原因に生肉か生レバーを挙げていた事例について、集団発生を除いて分析すると、07~10年は200人前後だったのに対し、11年は100人、12年は55人だった。

10年から12年の変化を年齢別にみると、10歳未満は55人が5人に、10代は40人が9人に、20代は55人が20人に減少。以前から報告数が少なかった中高年に比べて減り方が大きかった。
【阿部彰芳】

朝日新聞 2013年3月21日16時39分
http://www.asahi.com/national/update/0321/TKY201303210102.html


41: 名無しさん@13周年[sage] 2013/03/21(木) 23:18:43.21 ID:Qf0TMJJUP
>>1
ちゃんと成果あるじゃん。



139: 名無しさん@13周年[] 2013/03/21(木) 23:48:39.87 ID:r18F54R50
>>1
これ感染源不明の大部分が生レバーだったとか?
感染から発症まで最長で十日以上なんてこともあるらしいし。


『生レバー規制でO157患者激減 子どもや若者で大幅減』の続きを読む
 
| HOME |
 
他サイト新着記事