外食ちゃんねる最新記事
他サイト新着記事
気になる記事

トマトは食えるけど、トマトジュースだけはマジ無理

Comments(0)|2013.02.02.Sat.15:02
このエントリーをはてなブックマークに追加 バンビーノ トマトジュース 美術館

1: ぬこ(京都府)[] 2013/02/02(土) 00:11:33.71 ID:mmdRpa9j0 BE:544288166-PLT(12001) ポイント特典
新見美術館でトマトジュース販売 地元農家の国友さん生産

新見美術館で扱っているトマトジュース「バンビーノ」
 新見市のトマト農家国友正明さん(54)の自家製トマトジュースが、新見美術館(同市西方)で販売されている。市が売り出しを図る地元産「A級グルメ」の一つとして、国友さんが美術館側に取り扱いを依頼し実現。近く新製品も加わる。

 商品は高糖度ジュース「バンビーノ」(500ミリリットル入り5250円)。独自農法によるフルーツトマトを手作りで煮詰めて凝縮しており、昨年11月に販売を始めた。一瓶ずつ糖度を計測しており、通し番号とともにラベルに記載することで価値を高めている。

 同月に市内で開かれた「新見A級グルメフェア」に出品し、千屋牛肉やキャビアとともに紹介されたほか、全国規模の見本市「東京ビジネスサミット」に招待され、最高賞に次ぐ準賞を受賞。「品質にこだわることで海外マーケットも狙える。今後の地方企業の在り方を示した」と評価された。

 国友さんは商品の高級感演出などを狙いに、経営支援を行う阿哲商工会(同市神郷下神代)を通じて同美術館に取り扱いを依頼。
「高品質な地元食材のPRの手伝いになるなら」として、同12月下旬から販売を始めた。高値ながら来館者の問い合わせもあり、既に1本売れたという。

 26日に赤磐市内のイベントで披露される、違う品種のトマトを使った新製品「ボーノ」(同2500円)も、近くお目見えの予定。喫茶コーナーでの提供も検討されている。
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2013012509505944


4: ラガマフィン(内モンゴル自治区)[] 2013/02/02(土) 00:14:11.84 ID:fgYua3lYO
これくらい高いやつだとものすごく甘いからこれじゃない感がすごい


『トマトは食えるけど、トマトジュースだけはマジ無理』の続きを読む
スポンサーサイト



 
| HOME |
 
他サイト新着記事